リーダーコーチング

  • HOME
  • リーダーコーチング

組織開発や人材開発には様々な手法が存在します。

しかし、決まった型を単純に導入しただけでは残念ながら組織・チームの成長は見込めません。

それは組織・チームを運営していくのは、紛れもない人であり、人には好き嫌いや、思考特性、得手不得手があるからです。

そして組織・チーム運営の中心となるのが組織のリーダーです。

仮に流行の組織開発手法が存在し、導入したとしても、リーダーがそれに心から賛同していない限り、
実際にワークすることはないでしょう。

リーダーの想いや志向と、手法が一致して初めて組織・チームの成長にドライブがかかると私たちは考えています。

しかしながら、リーダーには相談する相手が少ないのが現状です。。。

その役割を私たちが担います。
そしてその立ち位置は少し特殊です。

顧問や相談役、コンサルティングという立ち位置はとらず、
コーチングという立ち位置をとります。

それはどんな立ち位置なのか?

リーダーコーチングにおける立ち位置は
マラソンのコーチをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

マラソンという競技をしゴールを目指すのはあくまで選手です。
コーチは選手に寄り添い、応援をしたり、選手の力を引き出すように工夫したり、時に知識の提供をしたりします。

リーダーコーチングも同じです。

単純に答えを提供するというものではありません。なぜなら前述の通り、絶対解は存在せず、効果的にワークするかどうかの多くはリーダーに依存するからです。

私たちはリーダーを応援し、思考の整理を手伝い、時には必要に応じて知識を提供します。
リーダーを信頼し、寄り添いながら組織・チームの成長のサポートをするのが目的です。

それにより血が通った組織運営になり、組織・チームと個人の成長が見込めます。